別名・不謹慎ブログでつ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今季初のドロー
2006年04月06日 (木) | 編集 |
本日は倉敷マスカットスタジアムにて、試合をしました。
結果は引き分け、ブラウン監督もなかなか侮れない方だ(^^;)

では、ハイライトをどうぞ♪

本日の先発は、阪神はオクスプリング投手、広島は黒田投手の投げ愛から始まりました。

1回の表、赤星選手がレフト戦ツーベースヒットで出塁し、アンディー選手のレフトタイムリーヒットで1点を先制します。

1回の裏、前田選手にヒットを許すも新井選手から三振を奪い、嶋選手をレフトフライに打ち取り1回の裏は終了。

2回の表、矢野様がフォアボールで出塁するもオクスプリング投手が三振を奪われ3アウトで攻撃終了。

3回の表、赤星選手がバントを決め相手が悪送球の間にも2塁に到達。
アンディー選手のライトヒットで赤星選手は3塁に到達し、兄貴の犠牲フライで1点を追加し、0-2と点差を広げます。

この後はなかなか点が入りそうで入らないゲームが続き、ゲームはやがて8回に突入。

8回の表、藤本選手のレフトヒット、アンディー選手のレフトオーバーツーベースヒットでランナーは2・3塁に。
しかしここで兄貴が敬遠され、満塁になるも今岡選手の併殺打で攻撃が終了。
あと1点が遠いタイガースです。

8回の裏、倉選手が晩とヒットで出塁し、山崎選手がピッチャー返しのレフトヒットで出塁。
このあと、黒田投手が矢野様の守備妨害をし、アンディー選手と岡田監督、平田ヘッドコーチが審判に猛抗議!
いやなときにはやっぱり橘高が居やがるんですね・・・。
結局黒田の送りバント成功ということで、1死2・3塁からゲームは再開しまし、緒方選手にレフトオーバータイムリー2点ヒットを打たれ同点に追いつかれてしまいます。

9回の裏、嶋選手に左中間へのツーベースヒットを打たれ、栗原選手を敬遠するも続く3人を次々とアウトにして行き逆転を許しません。

そしていつしかゲームは延長戦に突入。

10回の表、広島は押さえの切り札・ベイル投手を出してきました。
この回は藤本選手とアンディー選手にヒットが生まれるも、兄貴がセカンドゴロに倒れて攻撃終了。
なかなか点が入りません。

11回の表、中村豊選手と鳥谷選手の連続ヒットがでるも、その後はヒットも出ず11回の表が終了。

12回の表、赤星選手がヒットで出塁し、盗塁を決めるも兄貴がまたもや敬遠され片岡選手が三振を奪われて阪神の勝ちはなくなりました。

12回の裏、泣いても笑ってもこれで最終回。絶対にサヨナラなんかごめんです。
投手は久保田投手に代わって相木投手が登板。
石原選手をショートゴロに、森笠選手をレフトフライに、広瀬選手をピッチャーゴロに打ち取り三者凡退で引き分けとなりました。

今日の反省点・打線のつながりがよくなかった!
いくら14安打で2得点はないでしょう!
打線の組み替えなんかしてみてはどうでしょうか?

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。