別名・不謹慎ブログでつ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
泣き虫
2005年09月12日 (月) | 編集 |
今日は野球が無いので、別のことを書きます。
今更振り返っても仕方のないことだけど、昔から僕は泣き虫でした。
ことあるごとに泣き出して、周りの人間の手を焼かせていたようなキカンボウでした。
泣き虫な性格が災いし、僕は小5の頃から男子のいじめの標的にされてしまいました。
奴らは僕の泣く姿が面白かったのでしょうか?奴らは僕の泣く顔が見たいから僕をいじめて自分を強く見せていたみたいです。
もっと言ってしまえば僕の泣き顔に興奮していました(笑/まるで奈●女児殺害事件の容疑者みたい。いや、ほんとに)
冷静に考えてみれば奴らは変態かと・・・僕を泣かした夜にはきっと・・・・(以下略)
プッ(鼻で笑っている)・・・そう考えてみれば僕の気持ちは晴れた。
奴らがあまりにも可哀想すぎて笑いが止まりません(笑)
現に奴らが僕よりもアホだったので尚更です。

その例が中学2年の1学期の中間テストで、僕が理科のテストで90点を取ったとき、奴らは僕の点数を僻んで僕のことを散々馬鹿にしました。
そして僕は奴らにこう吐き捨てました。

「バカ野郎、僕は4月から自分の教材&アニキの指導で勉強していたんだ!
それに実験にもまじめに取り組んでいたし、テスト前に先生とアニキにテストの山をかけてもらったからお前らよりもいい点取ったんだ!ざまーみろ!
結局塾へ行って山をかけてもらっても、その山は全部外れているんじゃあ意味ないわね!」

それを言ったら、馬鹿にしていた奴らは僕に頭を下げて謝罪してきました。
そんなもんです。
人の振りして我が振りなおせとはまさにこのことでしょうか?
結局馬鹿にしていた分は奴らに帰ってきたということです(笑)
これを機に僕の泣き虫も次第におさまって来ました。
だから今はちょっとしたことでも泣かないような人間になったかな?
スポンサーサイト
テーマ:ひとりごと
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。